スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

michiru dressup

2009年03月05日 20:30

michiru.jpg
Please do not use artworks of this blog in your home page.


先月から描いていたみちるらしき人のイラスト。
ドレスデザインはgiorgio armani。
実物のドレスは、アクアマリンカラーとドレープの流れが優しい波を思わせます
透けた繊細な布で左側がおおられていますが、そこもたまりません。
2009年春夏のアルマーニのラインには惚れ惚れします。

前回の絵が思うように集中して描けなかったので
反省を踏まえて、先月下旬に差し掛かった辺りから描いていました。
集中力を持続させて今回はしっかり描きたかった!

色々星や占星術について書きなぐってしまって長いので、続きに移します。
全身画他は次の記事にしようと思います
拍手コメントのお返事も続きに。嬉しいお言葉を本当に有難うございます!
 
 
頂いたコメントに反応がてら書くと、西洋占星術を軽くかじった者の視点だと
セーラームーンは神話自体より、占星術の観点からの設定がよくなされてる
と思えます。
性格設定や行動や関係性、戦闘パターンや属性など。
原作者の意図がもしそうならばと、守護星の意味合いを強く念頭に置きながら
絵を描いていました。
海王星ならば夢と幻想と慈悲と直感、そして女性らしく、といった具合に。
考えると本当に、破壊と再生の極端さが象徴のプルートと、試練と忍耐のサターン、
名前を逆にするだけでピッタリなのになあ

作品の中では見えない部分も、そこから想像を膨らませそうと思っていました。
ムーンは攻撃されたと思ったら、実は人一倍闘志を燃やすのかもしれないとか、
ジュピターの気持ちの変化の早さにマーキュリーは混乱してそうだとか。
そして話自体は頭の中で壮大なスペースオペラとしてまとまってます。
すごい…占い天文SFオタク的発想だ

ホルストの組曲「惑星」も、天文学ではなく占星術のイメージで作曲されて
いるので、セラムンが好きな人なら、キャラクターを思い浮かべつつ聴くと
入り込みやすく楽しめると思います。
数年前にヒットしたジュピターは元々好きな曲でしたが、歌詞が木星の意味を
考慮してない感じな上散々巷で流れていて、自分の中の曲のイメージが変わって
凹んだ思い出が。

最近自分語り(?)が癖になってしまったのだろうか。
すごく恥ずかしい、そして長いしくどい
絵を載せて、淡々と絵に対して語るだけをコンセプトにしていたはずが。



↓拍手コメントのお返事です。
3月3日のななしさん>
前々から占星術について書こうと思っていたのですが、
お言葉から反応してとうとう綴ってしまいましたっ。
はるかさんらしさ、装飾他に出ていたと言って頂けて嬉しいです。
天王星の独創性や移り変わりの早さ、反骨精神を
表情や雰囲気でも出せていたら良いのですが…!

ラピスラズリ自体にも深い青の中に金が入っているそうで、
これは合うかも、と題名にしてみたのでした。
画像の大きさは、重さやスキンの関係だけでなく、粗がものすごく
目立ってしまって恥ずかしいからあの大きさなのもありますw
少しみられる状態に加筆出来たら、過去の絵をそれとなくアップ
するかもしれません。

人物像から絵の隅々まで観て頂けたのだなあと感無量です!
励みになるお言葉を有難うございました

 



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。